50代の仕事探しに役立つ転職情報ガイド

*

50代の仕事探しの現状

   

1.企業が求める50代の人材像

 50代で仕事探しを始めると、現実の厳しさに大いにショックを受ける方もおられます。
もちろん50代でも転職される方もいます。企業に必要とされる50代像をご紹介しましょう。

・これまで勤めていた企業に対し大きな利益を与え続けてきたた人。

・ゼロからプロジェクトを立ち上げ成功した経験がある人。

・大手企業でのデスクワークの経験を活かし、ベンチャー企業などで法務や財務、人事部門などの統括的役割を果たせる人。

・業界内外での強力なコネクションを持ち、それを使って企業に利益を与えられる人。

・海外勤務などで国際的に活躍できる可能性を秘めている人

 このように50代でも条件良く転職できる方は、企業に直接利益を与えられる人材です。最低限でも即戦力として転職後早い段階で成果を挙げることを求められています。

 しかし上記のような能力がある人材はもともと、在職中からヘッドハンティングに声をかけてもらっていることが多く、自力で仕事を探す立場に陥ることは少ないようです。

 このように企業にとって喜ばしい特別な能力がない場合は、体力的にも柔軟性においても50代を採用するよりは20代、30代を取るほうが企業にはメリットとなるので、50代の人材が求人に応募してきても、年齢で落としてしまうことも多いようです。

2.一般的な50代が仕事を探すために心得るべきこと

 現実的には残念ながら、すべての50代が即利益に結びつくようなポテンシャル(潜在的な能力)を持っているわけではありません。そのため一般的に50代が転職を考える場合、上記のような能力がないと転職が大変難しくなります。

 また、経験を活かして管理職や技術職への転職を考えた場合、同じような能力であれば40代の人材が採用されやすい傾向にあります。

 とは言え、50代はまだまだ働き盛りです。ここで諦めて引退するのは早すぎます。50代ともなるとお子さんが独立されている方も多いでしょうし、給与などの条件に多くを望まず、謙虚に地道に仕事を探してみることをお勧めします。

 今の世の中正社員だけが道ではありません。正社員であろうと会社の経営状態が悪ければ首を切られるご時世です。派遣社員やパート・アルバイトなど多様な勤務形態に目を向けてみましょう。

 - 仕事探しの方法

  関連記事

af9920070516l
大切な情報源に何を選びますか?

 50代で新たな仕事を探すのは大変ですが、一つでも多くの情報を得ることで、門戸を …

gf0110046094l
50代未経験でもOKな仕事

 これまでのキャリアを活かした転職を希望される方も多いのですが、成熟産業や効率化 …

転職エージェントを使う

転職エージェントの仕事内容  正式名称を人材紹介会社と言う転職エージェントは、企 …

転職サイトのスカウト機能を使う

転職サイトのスカウト機能とは  転職サイトは、希望条件を登録することで、定期的に …

転職に使う求人情報媒体

求人情報媒体それぞれの特長とは  さまざまな求人情報媒体が共存できているのは、扱 …