50代の仕事探しに役立つ転職情報ガイド

*

50代なら転職活動期間はどれくらい?

   

転職活動には、どのくらいの期間が必要ですか?

 一般的には転職活動期間とは2~3か月と言われていますが、3か月で決まらないで延長せざるを得ない人も大勢います。

 50代になりますと、転職にまつわる個人的な事情もいろいろで、「1日も早く転職しなければいけない人」「生活費にもひっ迫している人」から、「よい仕事が見つかれば動きたい人」とか「それほど急いでおらず、生活費の不安もあまり無い人」まで様々です。

 たとえば在職中に転職エージェントなどに登録していたスキルも高い50代であるのなら、すぐにスカウトがくるケースもあります。

“どのくらい熱意をもって転職活動に取り組んでいるか?毎日欠かさず求人媒体を検索し、コンスタントに求人に応募し続けたか?!”という転職にかけるエネルギーも転職期間に反映されます。


転職に成功するためには何社くらい受ける必要があるのですか?

 「年齢の数だけ受ければ合格する」と言われていた時代もあったのですが、今はもっと数を増やさなければ納得できる待遇の会社には決まらないとも言われます。

 有名な中高年のための転職セミナーでは、「一週間に20社以上の会社に応募すること」というノルマを課して、求職者には厳しくそのノルマを守ってもらうそうです。週に20社のノルマは応募できる会社を探すだけで大変そうですが、その転職セミナーの教えを忠実に守って頑張った50代は2か月程度で転職先が内定するケースも多いそうです。

 「応募する会社の数を出来るだけ増やす」ことが50代の転職を早期に成功させるコツです。

希望年収を聞かれたらどう答えればいいのでしょうか?

 前職で貰っていた年収や自分の必要生活費から算出した金額を率直に伝えるのがよいと言われます。しかし50代の転職者の場合、前職より年収アップするケースは世間的には少数であるという厳しい現実も頭の片隅に置いておいたほうがよいです。

 転職エージェントに登録すると、担当社員にお願いすれば、自分の転職市場価値を教えてくれるのですが、それが転職市場における自分の「実力年収」だと思えばよいです。希望年収ですから、実力年収より若干多めに伝える・・・くらいでちょうどよいのではないでしょうか。

 - よくある転職の疑問

  関連記事

no image
非公開求人ってどんな求人?

「非公開求人」とは?  ディスプレイの片隅に「非公開系求人多数。年収800万のエ …

no image
転職活動を有利にする資格はある?

転職活動を有利にする資格・スキル?!  ホワイトカラー・ブルーカラー・ガテン系を …