50代の仕事探しに役立つ転職情報ガイド

*

退社に際しての手続き

      2015/11/05

健康保険と年金の手続きについて

 退社してから転職先に入社するまでに間があく場合は、健康保険と年金の手続きをしなければなりません。健康保険は、勤務先の社会保険を任意継続することも、国民健康保険に切り替えることも、一時的に家族の扶養になることもできます。

 ですが年金は、必ず国民年金への加入手続きが必要です。手続きの期間も決まっていますので、退職後すみやかに必要書類を持って、手続きを済ませましょう。

住民税の手続きについて

 会社を退社するにあたり、注意が必要なのは、住民税の支払いです。住民税は、1~12月の1年間の所得に対し、翌年の6月から翌々年の5月まで、給与天引きで後払いで収めるのがルールです。そのため、退社にあたって、残額を自分で収めなければなりません。

 退職月が6~12月の場合、残額を一括で支払うのか、分割で支払うのかを選択することができますが、1~5月の場合は一括清算する必要があります。最後の給与で相殺されるので、その点を把握しておかないと、その後の生活に支障をきたす可能性があります。

 こうした手続きについても、ちゃんと下調べを行い、いざというときに困らないように、しっかり準備しておくようにしましょう。

【関連記事】
入社に際しての手続き
入社日の挨拶について
50代の転職でも退職前でも有給消化は可能か

 - 退職・入社の手続き

  関連記事

50代の転職でも退職前でも有給消化は可能か

退職前の有給消化は可能か  50代での転職は、その後のライフプランに多大な影響を …

入社に際しての手続き

入社前の手続き  内定の連絡があっても、「労働契約通知書」が届いていなければ、諾 …

入社日の挨拶について

第一印象を良くする努力をしよう  人間は初対面のひとの第一印象を、会って5分で決 …