50代の仕事探しに役立つ転職情報ガイド

*

書類選考をへて面接へ

   

  50代になると、就職、転職どちらに置いても、面接は非常に重要視されます。しかし、まずは、それの基となる、履歴書・職務経歴書の内容が大事です。

①履歴書作成に書いた内容を完全に頭にいれること
面接にあたって、当然重視されるのは、人柄ですが、50代ともなると職務経歴です。企業側も50代という年齢で応募してくるには、それなりの人物だろうと想定するからです。

50代の履歴書・職務経歴書は、年齢にふさわしい中身であるのは当然です。しかし、あまりにもビッシリと書いているのは内容にもよりますが、面接にも響いてくることがあります。企業側も、かなり期待して面接にのぞみますので、実際に会って落胆したということも間々あります。

それは面接者と履歴書・職務経歴書のギャップが、あまりにも激しい場合です。企業側は時間を割いて期待して面接を行うにも関わらず、肝心の面接者の口から出てくる発言内容が、50代とは思えない場合があるからです。

中には、履歴書・職務経履歴書の中身を全く覚えていないこともあります。いかに、書類選考通過だけをもくろんで書いてきたのかは、話をすすめていくうちに直ぐにわかります。面接では、履歴書・職務経歴書の中身をしっかりと頭にいれていくことが大切です。


②会話のキャッチボール
 面接では、会話のキャッチボールが重要になってきます。50代であれば出来ているはずなのですが、いざ面接となると、やはり違うものです。特に注意しなければいけないのは、面接を面談のようなものと勘違いしている場合です。

よくあるのが、面接者が得意げに、自分の成功談などを話していることも見受けることがあります。面接官も仕事で行っているわけですから、延々と面接者の話を聞くわけにはいきません。面接官が話を切り上げたいのに、話し続ける方もいますので面接官の意図をくみ取らないと、マイナスにしかなりません。

特に、複数の面接者がいる場合は一人の持ち時間が決まっていますので、面接官の質問に要領よくこたえ、まとが外れていなく、スムーズに回答でき、好印象を与えることができれば、それですみます。要は、面接官に、また会いたいという印象を残すのが大事です。

③労働条件の確認について
面接者が一番心配するものには待遇面があります。しかし、労働条件は予め求人票に、おおざっぱですが書いてありますので、まずはそれを目安にするのが大事です。面接時に、そればかり質問してくる方は、面接官も気分がよいものではありません。企業側も、50代ですと、労働条件、特に給与などについては慎重に提示してきますので、内定がでた段階で改めて交渉するのが妥当です。

 - 面接対策

  関連記事

面接でのNGいろいろ

面接前のNG  50代で転職活動をしているひとの中には、在職しながら面接を受ける …

面接マナーの振り返り

忘れがちな面接マナー  50代の中途採用は、キャリアを重視されることは言うまでも …

逆質問の使い方

逆質問を有効活用しよう  「何か質問はありますか?」と聞かれたら、それは面接が終 …

gf1310256106l
失敗しない自己PR

   面接で自己PRをするのは当然ですが、中には失敗するケースもありますので予め …

gf1380179695l
50代の面接時に臨む態度

何歳であろうと、面接時の態度は気を配る必要があります。50代となると服装から話し …