50代の仕事探しに役立つ転職情報ガイド

*

大切な情報源に何を選びますか?

   

 50代で新たな仕事を探すのは大変ですが、一つでも多くの情報を得ることで、門戸を広げてみてはいかがでしょうか。こちらでは50代の仕事探しに役立つ情報源をお伝えします。

・ハローワーク

 公共の職業斡旋所であるハローワークには地域に密着した中小企業からの求人が多く集まります。ただ、製造業などで活かせる何かしらの技術を持っているか、好景気でもないかぎり、50代でも応募できるような求人は少ないのが現状です。

・転職サイト

 ネット上にある無料で求人検索できる転職サイトにも、50代でも応募できる求人はあります。ただし、1つの求人に求職者が殺到するので倍率は非常に高くなります。求人のなかには落ち着いた50代の安定感を必要としているものもあるので、倍率や確率は考えず、利用してみてはいかがでしょうか。

・転職エージェント

 人材紹介会社とも言いますが、それなりのスキルがないと50代の利用は難しいかもしれません。とは言え自分では無理だと思っていても、タイミングによっては求人の紹介をしてくれる場合もあります。もしも製造業などでの技術や管理能力があれば、たとえ国内では需要が低い技術でも海外に進出した日系企業に求められることもあります。すべてケース・バイ・ケースなので、もしやと思うことがあれば利用してみましょう。

・人材派遣サイト

 正社員にこだわらず派遣社員でもよろしければ、50代でも仕事探しは楽になります。正社員の頃と比べれば収入は大幅にダウンすることも多いのですが、それでも日々の生活費を稼ぐくらいはできるかもしれません。何よりも働き盛りの50代の力を外で発揮する機会は必要です。終身雇用制が崩壊した現代、50代で派遣社員として働く方は増えています。

・求人系フリーペーパー

 無料で配らえている求人系のフリーペーパーには、正社員求人以外にもパートやアルバイト求人も豊富に載っています。地域に根ざした求人が多いのでご自宅から通いやすい職場を探しやすくなります。

・友人知人などからの紹介

 50代が新たに職を探す場合に一番お勧めなのが友人知人からの紹介です。いわゆるコネ入社になりますが、どれだけの人脈があるかが試されている訳ですから、転職の可能性を上げるためにも、周りに声をかけておきましょう。

 - 仕事探しの方法

  関連記事

転職に使う求人情報媒体

求人情報媒体それぞれの特長とは  さまざまな求人情報媒体が共存できているのは、扱 …

MS251_enshinbun500
50代の仕事探しの現状

1.企業が求める50代の人材像  50代で仕事探しを始めると、現実の厳しさに大い …

転職サイトのスカウト機能を使う

転職サイトのスカウト機能とは  転職サイトは、希望条件を登録することで、定期的に …

gf0110046094l
50代未経験でもOKな仕事

 これまでのキャリアを活かした転職を希望される方も多いのですが、成熟産業や効率化 …

転職エージェントを使う

転職エージェントの仕事内容  正式名称を人材紹介会社と言う転職エージェントは、企 …