50代の仕事探しに役立つ転職情報ガイド

*

入社に際しての手続き

      2015/11/05

入社前の手続き

 内定の連絡があっても、「労働契約通知書」が届いていなければ、諾否の返答は保留にすべきです。50代だからこそ、入社前にきちんと労働契約内容を確認し、納得したうえで入社することが、その後のミスマッチを減らすために、不可欠なプロセスだからです。

 労働基準法では、企業が社員を雇用するにあたり、労働条件を書面で明示することが義務付けられています。法律で明示が義務付けられている条件には、「労働契約の期間」「働く場所」「仕事内容」「始業・終業時刻」「休日・休暇」「賃金」「退職」があります。

 それ以外で聞きたい「通勤交通費」「手当・昇給・賞与・退職金」「研修期間・試用期間」なども、労働契約内容の確認時に質問し、それから入社の諾否を返答しましょう。

入社時の手続き

 転職先に入社する際には、社会保険の加入手続きが不可欠ですから、さまざまな書類の提出が求められるはずです。

 一般的に「年金手帳」「雇用保険被保険者証」「源泉徴収票」「扶養控除等申告書」「健康保険被扶養者異動届」「給与振込先の届書」は、どの企業でも提出を求められるので、事前に書類を預かって、入社日に渡せるように準備しましょう。

 それ以外の提出書類のことも、事前に確認しておいてください。

【関連記事】
退社に際しての手続き
入社日の挨拶について
50代の転職でも退職前でも有給消化は可能か

 - 退職・入社の手続き

  関連記事

50代の転職でも退職前でも有給消化は可能か

退職前の有給消化は可能か  50代での転職は、その後のライフプランに多大な影響を …

退社に際しての手続き

健康保険と年金の手続きについて  退社してから転職先に入社するまでに間があく場合 …

入社日の挨拶について

第一印象を良くする努力をしよう  人間は初対面のひとの第一印象を、会って5分で決 …