50代の仕事探しに役立つ転職情報ガイド

*

50代で仕事探しを成功させるノウハウとは

ビズリーチ
詳細
★★★★★
登録することでプロのキャリアコンサルタントと面談や電話で相談し、8万件以上の非公開求人の中からあなたに最適の案件を探して提案してくれるエージェントサービスです。企業側から対価を得る仕組みのため、求職者は完全無料で利用できます。
利用者の声
良かった
私は、スタッフの方のアドバイスも十分活用させてもらったのですが、それ以上に転職成功ガイドの読み込みが成功のカギを握っていたのではないかと感じています。初めての転職にも役立つ情報がわかりやすく、且つ的確にまとめられ、ストレスなく終えることができました。
良かった
ビズリーチのサイトはシンプルでいいですね。自分で検索するにもアドバイザーに任せるにも、全てのサービスやコンテンツが明快で使い易い。50代の私にとってはこのくらいシンプルなものの方が勝手がいいようです。その上で人間味もあるので、転職自体が楽しいものとなりました。
良かった
企業の選択の前にエージェントの選択で迷った。結局ビズリーチを選択したのは、アドバイザーの質。話し易いし事務的な雰囲気がなく、本当に親身になってくれているのが伝わってきた。求人内容も申し分なし。総合力でここより勝るエージェントとは出会えなかった。
普通
あまり否定的なことは言いたくないが、無理矢理紹介しているように感じることがあった。50代という年齢を考えれば致し方ないが、転職して後悔しかねない求人は出してこないで欲しい。こちらも妥協したくないので。紹介された求人の詳細に関しては非常に良く、私の中での評価は高かった。
普通
エージェントレポートが実際どれだけ役に立ったかと考えれば、まずまずといったところではないでしょうか。これがビズリーチのひとつの特徴とされていますが、私には少し物足りないところ。もう少し踏み込んだ情報があった方が決断しやすかったかな。
リクナビNEXT
nextsam
詳細
★★★★
転職活動の始まりはここから!多くの転職者が活用する人気転職サイトです。無料会員登録を行うと転職活動をより効率的に行える便利な機能を利用することができます。
利用者の声
良かった
リクナビNEXTに驚いたことは幾つもあります。求人数の多さがとんでもない。どんどん新しい求人も出てくるので、ここはポイントが高い。50代半ばの私でも転職できたのも素晴らしい。しかも私の場合ですが、活動を初めて2ヶ月という早さでした。最後はスカウト。年を取っていても幾つかいただくことができました。
良かった
他のサイトと同じように、ただただ求人を掲載しているだけかと思いきや、リクナビNEXTは全くそれとは異なったサイトでした。一番好感を持ったのは、どうしたら転職できるのかについて、あらゆる面から分析し、その情報を提供していること。私はこれを参考に転職成功を果たした1人です。
良かった
自分だけの転職活動モデルを提示してくれるんです。リクナビNEXTには面白い機能が他にもありますし、ここまでネットでの転職は進んでいるのかと驚嘆させられるほど。こうした機能は同時にやる気も起こさせてくれました。めげずに活動を続けられたのもリクナビNEXTがあったからこそです。
普通
成功する人はするし、失敗する人は失敗する。リクナビNEXTを使ったからといってみんながみんな転職に成功するわけではない。私は半分成功、半分失敗を経験して、そう思いました。頼り過ぎるのは禁物。他サイトよりも少し優秀なサイト、そのくらいの認識で使った方がいいですよ。
普通
リクナビNEXTの会員限定の機能は、他と一線を画すほどのものではなかった。私は50代で転職できたが、機能の恩恵というよりは、自ら行動し続けた結果だと思う。つまり、使い方次第なのだ。求人に関する記載が細かい点は評価できる。100点満点中、65点というのが私の評価だ。

50代の求人事情

 50代の仕事探しでは、年齢の問題もあり、なかなか自分の経験やスキルを活かした求人を探すことが難しい年代と言えます。この年代では、それまでやってきた専門性も高く、特定のスキルや経験がある人も多いことでしょう。もちろん、それらを活かして仕事ができれば良いのですが、年齢的に希望した仕事ができる人は一握りだと思っておくと良いでしょう。

 そのため、希望職種を1つに絞って仕事を探していると、いつまで経っても仕事が見つからない状況に陥ってしまう可能性も高くなります。たとえ、十分な蓄えがあったとしても、精神的に追い詰められてしまう人も出てくるでしょう。

貪欲にチャレンジする

 自分の経験が活かせるような希望する仕事を探すことが難しいとしても、経験のないような仕事ができる年代でもないのが50代です。そこで、この年代の仕事探しでは、これまでの経験を汎用させることができるような、複数の職種を検討する必要があります。つまり、幅広い業界をあたり、自分を求めてくれる職種を探すことが大切です。

 そして、少しでも経験からできそうな求人が見つかれば、自分勝手にダメだと決めつけてしまう前にどんどん応募していくことが大切です。 時には、自分では自覚していないような経験から、企業がその部分を評価して採用につながる可能性もあるからです。

企業ニーズを把握するための意識づけ

 50代の仕事探しでは、自分がやりたいことよりも、自分を雇ってもらえる企業探しが重要となります。そのためには、求人票を読み込んで、企業の求めるスキルと経験を把握することから始めます。そして、自分の経験やスキルをアピールする場合に、企業とズレがないかどうか確認する必要があります。

そのための注意点としては
・エージェントやスカウトサイトを利用して、自分の経験やスキルを欲しがっている企業求人を獲得する
・応募書類や面接でも企業が求めるものを実績や成果としてアピールする
・50代の仕事探しでは、即戦力だけが求められると認識する
・企業側が求めるものをサイトや募集要項からしっかりと企業研究する

まとめ

 50代の仕事探しでは、できる限り経験が活かせる求人に多く応募すれば、転職活動のノウハウが身についてきます。そして、コツが身について活動していく中で、有利になってくるでしょう。そうすると、採用される可能性も高まってくるのです。

公開日:
最終更新日:2015/06/15